会社案内


プレス加工とは

プレスという機械を用いて行う塑性加工のことです。 プレスには種々の形式および大きさのものがありますが、 代表的な機種では、上部に往復上下動する「ラム」と よばれる機械部分があり、その下端に金型(上型)を取り付けます。

下部のベッド上面には下型を取り付け、 その上に金属またはその他の材料素材を置き、 ラムの下降行程で素材に圧縮荷重をかけ、 所定形状の製品に作り上げます。

プレス加工はまたスタンピング(stamping)ともいわれ、 剪断(せんだん)、曲げ、深絞り、張出し、鍛造、 押出し、圧印などの諸加工の総称でもあります。

剪断加工
剪断加工は大きな板材または長い棒や管からその一部を切り取る分離作業であり、その他の諸加工は成形を主目的とする作業です。

曲げ加工
曲げ加工は棒や管についても行い、それには特殊な専用機を用います。

プレス曲げ
プレス曲げは、平らな板から所定の寸法に剪断したものを素材とし、これを曲げ型とよばれる一対の金型の間に挟んで、プレスで加圧して金型面になじむように曲げ、横断面形が、V、U、W、Lなどの形をした製品を作ります。